登山用アンダーウェアの選び方

最も大切なのはアンダーウェア??

体に最も触れ、最も重要なのはアンダーウェアです。登山に限らず、人は汗をかくことで体温調節を行っています。汗が皮膚に接するアンダーウェアや皮膚の表面についたままの状態になると、蒸れて体温調節の効率が悪くなるため、より汗をかくという悪循環に陥ります。そして、歩行を停止すると体温が下がり、アンダーウェアや皮膚に接している汗が冷え、寒気を感じることにつながります。この状態が続くとになると、不快なだけでなく体力を消耗し、注意力も低下します。汗冷えだけでは低体温症になることは考えづらいですが、長時間の激しい雨などで全身が濡れたままになると、最悪の場合は低体温症に。低体温症とは冬だけではなく、夏にも起こりえます。現に私の知り合いであったガイドさんが、夏の北海道のトムラウシで、一緒に登ったことのあるお客さんも十勝岳で低体温症で亡くなっています。他人事ではありません。

アウターウェアと比較すると安価なので、最小の投資で最大の効果を生むのもアンダーウェア。綿やレーヨンの製品は汗で濡れてもなかなか乾かないし、体温を奪うので非常に危険です。特に雪山では致命的。アンダーウェアは何よりも吸湿速乾性が重要となります。製品によって保温を目的にしたものと、速乾性を目的にしたものに大きく別れます。

以前は登山ウェアで、肌に直接身に付けるものをアンダーウェアと呼び、吸水発汗性の高いウェアを着るのが常識でしたが。しかし、近年はアンダーウェアの下に着る、ウェア広がってきました。この分野の開拓者は「ファイントラック社」で、ベースレイヤーの下に着る服を「ドライレイヤー」と呼んでいますが、商標登録されているので、他のメーカーは使えません。ここではこのカテゴリーをドライウェアと呼ぶことにします。このタイプのウェアは、通常アンダーウェアの下、肌に直接触れるように着て、汗をかいたときの不快感や汗冷えを大幅に軽減し、行動時の快適さを高め、体力の消耗を抑えるメッシュ状になっています。従来からのメリノウールも保温力・防臭性・着心地などでは優れていますが、大量に汗をかいた際の速乾性で差がついてしまいます。

高性能なアンダーウェアとは一体どういうものなのか

①汗を素早く吸収し、生地表面へ拡散させ、優れた通気・速乾性により体温を維持。

②汗冷え・汗戻りをの軽減

③汗で濡れても変わらない、安定した保温性

 

普通のアンダーウェアとの違い

アンダーウェアはすでに、吸汗・拡散・速乾・保温などの機能があります。役割を果たしてはいますので、ダメというわけではありません。ではドライウェアを着ると、どのような効果があるのでしょう。夏用、冬用で違いはありますが、ドライウェアをアンダーウェアと合わせて着ることにより「吸汗・拡散・速乾」機能をより高いレベルまで押し上げてくれます。さらにアンダーウェアの課題である「汗冷えの圧倒的な軽減」という機能が加わります。合わせて着ることによって、その機能高めることができるのです。

 

効果的な着用

ドライウェアはその上に、アンダーウェアとイヤリングすることが効果を高める、絶対的な条件です。ドライウェアが吸った汗をさらに吸い取り、拡散、蒸発させます。したがって、この二つのレイヤーの間に空間があると、汗はドライウェアにとどまり、その性能を活かすことができません。

BLOG  山の上でジャンプ

​日本最古のロングトレイル、大峯奥駈道は吉野から熊野本宮大社へと続く、100kmほどの長く厳しい山道。

連れて行ってもらう登山者から、連れていける登山者へ。地図読みの基本と磁北線の引き方、コンパスの使い方など

キリマンジャロ登山

ガイドが教える、日本の登山の常識が通用しない、キリマンジャロ登山の知識や技術、装備、高山病にならないコツなど。

驚くほど効果のあるアミノバイタルについて。アミノバイタルの種類と選び方、登山者の感想などを記載。

Please reload

ヒートテックが登山のアンダーウェアとしてダメな理由

ここではヒートテックとして紹介しますが、他にも類似商品が多く出回っています。それも同等とお考えください。

ヒートテックの素材にはレーヨンが使われています。割合は製品によって違うようですが30%前後になります。

このレーヨンが問題なのです。ポリエステルなどは疎水性があり、水の分子と繊維がくっつかない性質がありますが、レーヨンは親水性なのです。親水性があるということは綿と同じ。繊維自体が汗を吸うので最初は快適ですが、限界を超えると繊維の中に水分を保持するので、速乾性に劣ります。汗をあまりかかない状況においては吸収した水分を利用して発熱するため暖かいが、汗を大量にかく状況においては、乾きにくくなり汗冷えの原因になります。ヒートテックは安価でいいアンダーウェアですが、汗をかくスポーツのアンダーウェアとしては不適切なものになります。

アクティブスキン・スキンメッシュ

ドライナミックを比べてみました

私も利用している、ドライウェアを比べてみました。

ファイントラックのアクティブスキンはやや透けて見える程度の生地の厚さです。

ミレーのドライナミックは大きなメッシュですが、嵩が高くなっています。

保温力は明らかにミレーのドライナミックが優っているように思います。

アクティブスキンのウエスト部ですが、ゴムの部分が狭く圧迫感を強く感じます。
また見ても分かるように、そのゴムの部分は生地が波打っていて、精度が低い。

ゴムの部分まで同じ生地ににして、拘ったのはわかりますが、
国産、国産と謳っているにしては、とても残念な印象です。

ミレーのドライナミックは幅広のゴムで、圧迫感も強くなく、快適!
きっと激しい汗の時は、このゴムの部分が最後まで乾かないのでしょうが。
雪山でそこまで汗をかくことは、自分の場合はまずない。
タグを外してもいいように、タグの内容が縫いこまれています。

 

アクティブスキンの縫製は立体裁断のようですが、縫い目の部分の伸びが悪く
若干ストレスが溜まります。夏用のスキンメッシュよりもその傾向は強いです。

ドライナミックはなんと胴回りは縫い目なしで、フィット感、ストレッチ性とも抜群!大満足です。

限界での機能はアクティブスキンの方が上??

通常の使用範囲では、アクティブスキンの優位性は感じませんでしたが
こんな実験をしてみました。

よく冷やして、結露した麦茶の容器を掴んでみました。
アクティブスキンは、施された強力な撥水加工で、全く濡れを感じません。
冷たさは感じます。大量の汗の濡れ戻りや外部からの濡れは強力に防いでくれそうです。

ドライナミックは軽く掴んでみると、濡れや冷たさは感じません。
しかし、強く掴むとメッシュの間から結露した水分や冷えを感じます。
全身濡れてしまった時の機能としては、ファイントラックの方が明らかに上です。

汗の処理能力

それぞれを着て、近場の山を軽く走って、汗の処理能力を試してみました。 

 

アクティブスキン

大量に汗をかくと、ベタッと張り付きます
冷たくなるわけはないのですが、蒸れている感じです。ただ、この感覚はメリノウールのアンダーウェアを着ていてもよくあることで、アクティブスキンが劣っている訳ではありません。多くの汗をかくと、生地が体に張り付く、当たり前の事です。

問題は、それが冷えてきた時です。
若干冷たさは感じますが、メリノウールなどより素早く乾いていくのがわかります。充分な性能だと思います。ドライナミックを知らなければ・・・。

 

スキンメッシュ

大量に汗をかくと、ベタッと張り付きます
アクティブスキンと同じで冷たくなるわけはないのですが、やや蒸れている感じです。

薄いとはいえ、通常より一枚多く着るわけなので、やや暑いし、若干動きにくい。

ドライナミック

大量に汗をかいても、生地が体に張り付く感じはありません。
嵩の高いメッシュが、しっかりと吸い込んでいる印象です。
また、冷えた服が体に張り付く感覚もありません。
全く蒸れがなくなるわけではないですが、 想像以上に快適でした。 

半年以上それぞれを使ってみて、

最近はアクティブスキンとスキンメシュを着る機会は激減し、ほぼドライナミックになっています。

冬山では暖かく、夏山では想像以上の速乾性と動きやすさ、沢でも冷えない。

​個人的にはドライナミックを最もオススメします!

メリノウール

来た瞬間から暖かく、肌触りもいいので快適。

大量の汗をかくと張り付いてぐっしょりとしてきます。

しかし、メリノウールの特徴で、あまり冷えてはきません。しかし、暑いです。

半年以上それぞれを使ってみて、

最近はアクティブスキンとスキンメシュを着る機会は激減し、ほぼドライナミックになっています。

汗を多くかかない移動日などではメリノが多いですね。臭わないので長期間の旅行では重宝します。

冬山では暖かく、夏山では想像以上の速乾性と動きやすさ、沢でも冷えない。

​個人的にはドライナミックを最もオススメします!

クリックするとAmazonへリンクします

ミレー・ドライナミック

生地の嵩が高く、しっかりと体の汗を吸収します。縫い目がなく、体にピッタリとフィットするので着心地も最高。夏場でもべとつく感じがありませんん。夏から冬まで使えるベストなアンダーウェアです。通常のアンダーウェアの下に着ます。最も着用しているのが、このドライなミックになります。強くお勧めします。

ファイントラック・スキンメッシュ&アクティブスキン

ファイントラックが新しく切り開いたカテゴリーで、アンダーウェアの下に着るアンダーウェア。ファイントラックではドライウェアという表現をしています。撥水処理のされたタイトなメッシュのウェアで、汗を排出した後の濡れ戻りを防ぎます。画期的な商品でした。ただし、ミレーと比べるとべとつきますが、濡れ戻りは強力に防いでくれます。

メリノウール

非常に保温性と着心地に優れ、防臭性も高い天然素材のウール。特にメリノウールは高い性能を発揮します。しかし、大量に汗をく激しい山登りでは、速乾性が追いつかなくなります。夏場や激しい山登りではお勧めしませんが、冬の山には最適です。保存に気をつけないと、すぐに虫に食べられます。防虫剤必須!

日本山岳ガイド協会認定登山ガイド 沖本浩一

Copyright © 2015-2017 Okimoto Guide All Rights Reserved.