スノーシューで雪の上を歩こう

最新記事
Please reload

スノーシューとは

​スノーシューとは、踏み固められていないふかふかの雪で覆われた大地を自由に歩くための道具です。フカフカの雪山を楽しめるスノーシューは、厳しい山にはあまり向いていませんが、子供でも気軽に楽しむことができる冬のアクティビティーです。普通の靴でも履くことができるので、誰でも手軽に雪の中を縦横無尽に歩き回ることができます。

スノーシューに必要な装備

特別な装備は必要ありません!

雪の上でも歩ける靴(登山靴・スノーブーツ・長靴)にストックが2本!

その他は防寒着や帽子、手袋だけです。

登山として山に入る場合は、その山にふさわしいウェアやギアが必要になります。

​短時間や厳しくない山であればスキーウェアでも大丈夫!

スノーシューの魅力

トレースが付いていないフカフカの新雪の上を歩くのは中毒性があります(^^)

スノーシューがないと足が埋まってしまい、まともに歩けないところでも、​楽しく歩くことができます。

スノーシューのリスク

スノーシュー自体に危険性はありませんが、登山に使用する場合は雪山の技術や知識が必要となります。新雪の上を歩くということは、トレースがない所を歩くということ。しっかりとした地図読みの技術やGPSの準備なども必要となるでしょう。最悪のケースを考えた準備が必要となります。

激安スノーシューにご注意を!

ネットでスノーシューを購入しようとすると、10,000円以下の激安スノーシューから30,000円以上する高級スノーシューまで様々です。実際の体験ですが、友人がとりあえず買ったノースイーグルのスノーシューが歩行中に折れてしまった事があります。やはり安いものには理由があります。ウェアや靴などもしっかり揃えたなら、スノーシューもきちんとしたものを購入しましょう。MSRやアトラス、タブス、TSLなどの一流メーカーとノースイーグル、ドッペルゲンガーなどの激安商品は形は同じように見えても、似て非なるものです。Amazonなどのレビューも、全く当てになりませんよ!ちなみに私はTSLのスノーシューを7セット所持しています

スノーシューの記録

​記録は私のブログになります。

タイトルを入力冬の北海道を楽しむ 阿寒湖・釧路湿原・知床・摩周湖・野付半島

March 20, 2018

冬の北海道の道東はアウトドア遊びに最高です!

充実した内容の企画を案内してきました。
前回のガイドツアーから引き続き北海道に滞在しています。

冬の北海道を楽しむ 野付半島・摩周湖・知床・然別湖 

March 18, 2018

夏も冬も大好きな道東。北海道が日本にあってよかったと思える自然がいっぱいあります。

いろいろ案内したい場所があり、悩むのですが今回は野付半島・摩周湖・知床・然別湖を案内しました。

王ケ頭ホテルに泊まる美ヶ原

February 28, 2018

大勢のお客さんを美ヶ原へ案内してきました。

正直、旅行会社を使わずにこれだけのことをするのは、メッチャ大変。
ホテルの人からこんなガイドは初めてと言ってもらえました(^^)

冬の奥上高地

February 12, 2018

夏の騒々しさが嘘のような、冬の上高地を歩いてきました。
個人ガイドではなく山旅人さんのツアーです。

しかも平日に歩いたので、トレースもはっきりしないほどの静けさです。
そして、明神の「山のひだや」を貸し切りで宿泊しました!

比良山 権現岳〜蓬莱山

February 09, 2018

比良山をスノーシューで縦走してきました。

私が最も多くスノーシューで案内しているのが、
権現山から蓬莱山の縦走コースです。

大日ヶ岳

February 01, 2018

高鷲スノーパークのゴンドラを使うと、手軽に雪山を楽しめる大日ヶ岳。

毎年のように私も歩いています。今年の大日ヶ岳はあえて山の中で宿泊しました。
大きな雪洞を掘りたいなぁと思ったからです。
あと、インスタ映え写真も撮ってあげようと(^^)

八方尾根スノーシュー

January 24, 2018

八方尾根でスノーシューを楽しんできました!
本来は唐松岳に登りたかったのですが、あの天候では。。。

でも、翌日の天候は素晴らしく、美しい北アルプスの景色とスノーシューを楽しむことができました!

山形 西吾妻山と蔵王山/熊野岳

March 05, 2017

樹氷の山として知られる西吾妻山と蔵王山。メチャメチャ素晴らしい景色を楽しむ事ができますが、装備はしっかりと揃え、悪天候時は引き返す判断をしましょう。

奈良 大台山脈 明神平テント泊

February 17, 2017

奈良県台高山脈の明神平は、関西における雪山キャンプのベストポイントだと思っています。広い雪原を眺められるポイントでテントを張り、スノーシューとヒップソリを満喫しました!日帰り可能ですが、雪山で遊びたければ、テント泊をオススメします。

滋賀 比良山系 権現山から蓬莱山

February 11, 2017

​比良山系の南、権現山からびわ湖バレイスキー場のある蓬莱山へスノーシューで縦走。琵琶湖の眺めがよく、気持ちのいい雪山歩きが楽しめる、お気に入りのコースです。

滋賀 比良山系 アラキ峠

January 13, 2017

​比良山系、権現山近くのアラキ峠。寒波の影響による大雪で、予定の場所まで歩く事ができませんでしたが、ふかふかの新雪で遊んできました。

北海道 摩周湖外輪山

February 28, 2016

​家族で冬の摩周湖の外輪山をスノーシューで歩いてきました。大きなアップダウンもなく、意外と歩きやすいコースです。天候が荒れると手がつけられなくなるので、天気予報は必ず確認を。手軽に歩けて、摩周湖の展望が素晴らしいコースです。

北海道 知床半島 フレペの滝

February 27, 2016

世界自然遺産の知床半島。手軽に歩けるフレペの滝へスノーシューハイキング。雪が多くない年なら、スノーシューがなくても行けるんじゃないかな?っていうレベルのハイキングです。凍りついた滝や、エゾシカ、天候が良ければ知床連山の山並みを楽しみながら歩けます。まさに北海道スノーシュー、初心者向きのコース。

岐阜 大日ヶ岳

January 28, 2016

​奥美濃の大日ヶ岳へスノーシュー登山。高鷲スノーパークのゴンドラを使うことで、手軽にスノーシュー登山が楽しめる大日ヶ岳。ある程度の標高があるので、本格的な雪山登山装備とルートファインディングの技術は必要です。

鳥取 氷ノ山山麓

February 19, 2015

​氷ノ山の鳥取県側、若桜スキー場からスノーシューで氷ノ山を目指そうとしましたが、悪天候で登頂を断念。付近の山をスノーシューで歩き、雪山の簡単な練習をしてきました。

和歌山 龍神岳と護摩壇山

February 08, 2015

​家族で和歌山県の最高峰、龍神岳へスノーシュー登山。高野龍神スカイラインで簡単にアクセスできるので、以外にも楽々楽しめるスノーシューエリアです。天候はイマイチでしたが、楽しくスノーシューで歩いてきました。

滋賀 比良山系 権現山から蓬莱山

January 25, 2015

​比良山系の南、権現山からびわ湖バレイスキー場のある蓬莱山へスノーシューで縦走。琵琶湖の眺めがよく、気持ちのいい雪山歩きが楽しめる、お気に入りのコースです。

岐阜 大日ヶ岳

January 18, 2015

奥美濃の大日ヶ岳へ。あまりよい天気予報ではなかったが、厳しい山ではないので、スノーシューで登山。しかし、途中でホワイトアウト状態になってしまいました。雪山に出かける時は、きちんとホワイトアウトナビゲーションを作成して出かけましょう。

奈良 台高山脈 明神平

January 11, 2015

奈良県台高山脈の明神平は、関西における雪山キャンプのベストポイントだと思っています。雪山初心者のメンバーとテントに宿泊してスノーシューを楽しんできました。頑張れば日帰りでも行けますが、雪山で遊びたければ、テント泊をオススメします。

北海道 釧路湿原

February 24, 2014

​知床半島の流氷ウォークと釧路湿原のスノーシューを一緒に楽しみました。釧路湿原はそれほど積雪量が多くないので、スノーシューがなくても散策は可能かと思いますが、スノーシューがあったほうが楽しく歩けます。冬の道東は雪遊びには最高のフィールドです。

長野 美ヶ原と霧ヶ峰

January 16, 2010

​夏に歩けばやや物足りない美ヶ原と霧ヶ峰ですが、雪のシーズンは静かで美しく、最高に素晴らしいスノーシューゲレンデになります。王ヶ頭ホテルに宿泊してスノーシューを楽しむと、雪上車が迎えに来てくれるんです!霧ヶ峰からは八ヶ岳の絶景も楽しめます。

Please reload

日本山岳ガイド協会認定登山ガイド 沖本浩一

Copyright © 2015-2017 Okimoto Guide All Rights Reserved.